豊胸手術を受けるなら手術の種類と適正な値段を知ろう

3タイプの豊胸手術!値段の相場を知って自分に合う手術法を選ぶ

BeautyMAGAZINE

バストアップ

バストアップの方法として、トレーニングやマッサージを行ったり、バストアップ効果のある製品を試したりとさまざまな方法がありますが、その他に豊胸手術を検討している方もいるのではないでしょうか。しかし、手術するということもあって、費用がかなりかかるというイメージをお持ちの方も多いと思います。豊胸手術の種類には、ヒアルロン酸注入やシリコンを入れる手術方法があります。また、自身の脂肪を使った脂肪注入手術というのもあります。それぞれの手術にかかる費用についての相場をお教えします。

豊胸手術を受けるなら手術の種類と適正な値段を知ろう

婦人

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入では、名前の通りバストにヒアルロン酸を注入してサイズアップする手術法です。このヒアルロン酸の相場は、1cc4000円前後です。両胸に100ccずつ注入した場合は全部で200ccになるので、80万円前後になるでしょう。1カップサイズアップさせるのにだいたいこのくらいの値段がかかります。

シリコンバッグ

バストにシリコンを入れてサイズアップする方法もあります。バッグにはいくつか種類があるので、豊胸手術を担当する医師と話し合ってから自分に合ったものを決めるとよいでしょう。このシリコンバッグの相場は種類によっても異なりますが、高いものでは100万円を超え、安いものだと25万円以内といった相場になります。なんでも最新のものが良いというわけではないので、このシリコンバッグを選ぶ際は、トラブルの少ない実績のあるものを選ぶことをおすすめします。

脂肪注入

自分の脂肪を利用して豊胸を行う手術法が脂肪注入です。この脂肪注入は、脂肪処理の方法で値段が異なってきます。遠心分離法で脂肪と不純物を分離させる場合は35万~95万円ほどかかります。脂肪を清潔に扱いなだらフィルターで処理することのできるピュアブラフト法は、60万~95万円程度になります。このように処理の仕方で値段が変わってくるので、予算に合わせた処理方法を選択するとよいでしょう。

豊胸手術を受けたことのある方の口コミ

早く手術が終わりました

休みの日にも予定が多く時間があまり取れなかったので、早く手術が終わるというヒアルロン酸注入の手術を受けることにしました。手術は30分ほどで終了したため、とても早く感じました。それほど痛みもなく、翌日は通常通りデスクワークの仕事を行うことができました。

脂肪注入ができなかったので…

確実にバストアップをしたかったので、シリコンバッグでの豊胸手術を選びました。自然な仕上がりになる脂肪注入も気になっていたのですが、体型が痩せ型だったため選ぶことができず…。ですが、シリコンバッグを入れたことで理想の大きさにすることができたので満足です!手術後は3日間ほど痛みが続きましたが、1週間経てばほとんど痛みも感じなくなりました。

広告募集中